このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018

更新日:2018年3月12日

イベント詳細情報

世界で一番、楽しい映画祭

「映画のある街ゆうばり」で1990(平成2)年から続く、国際映画祭。
期間中、SF、ホラー、ファンタジー、アドベンチャー、アクション、サスペンスなどイマジネーションとエンターテイメント性豊かな映画作品が数多く上映される。
注目は、公開前の話題作品が上映される「特別招待作品」。このほか、若手クリエイターの多彩な作品も数多く上映され、若手監督の登竜門ともなっている。
世界中の映画を愛する者と夕張を愛する市民が、冬の5日間を熱くする「世界で一番、楽しい映画祭」。

上映作品

28回目となる今回の映画祭では長編短編上映、イベント企画合わせて約114本のプログラムを予定!
オープニング作品は、あのファンタジー映画の続編となる「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」(2018年4月6日公開)に決定!ほか、名優・三船敏郎の波乱万丈の人生を描いた今春劇場公開予定のドキュメンタリー映画「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」なども上映する。

特別招待作品
作品名 監督 上映スケジュール
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル ジェイク・カスダン 3月15日(木曜日)午後5時30分から
ダンガル きっと、つよくなる ニテーシュ・ティワーリー 3月17日(土曜日)午後0時30分から
モリーズ・ゲーム アーロン・ソーキン 3月17日(土曜日)午後4時から
バトル・オブ・ザ・セクシーズ(原題)

ジョナサン・デイトン
ヴァレリー・ファリス

3月17日(土曜日)午後7時30分から
MIFUNE:THE LAST SAMURAI スティーブン・オカザキ 3月18日(日曜日)午後0時から

ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門 9作品

インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門 計20作品

フォービデンゾーン 9作品

ゆうばりチョイス部門
 ・短編:計33作品
 ・「東映presents HKT48×48人の映画監督たち」セレクション:計19作品
 ・長編:13作品

上映作品の詳細は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」公式ホームページ(外部サイト)をご参照ください。

特別企画も目白押し!

三船敏郎レトロスペクティブ企画 特別上映

羅生門 デジタル完全版

・日時:3月18日(日曜日)午前10時

特別上映 BS10スターチャンネルPRESENTS STAR CHANNEL MOVIES

リチャード・リンクレイター 職業:映画監督

・日時:3月16日(金曜日)午後8時
・トークイベントあり(ゲスト:松本花奈監督)

京楽ピクチャーズ.PRESENTS

ニューウェーブアワード

今後の活躍を期待するクリエイター、俳優、女優を各1名招待し、表彰。
・日時:3月15日(木曜日)オープニングセレモニー内

・受賞者
【男優部門】葉山奨之さん
【女優部門】川栄李奈さん
【クリエイター部門】岡田磨里さん

アニメーション企画コンペティション

今年から新設された、オリジナルアニメーション企画を支援するためのコンペティション。
・日時:3月18日(日曜日)午後3時30分

映画だけじゃない!人のつながりも魅力!

名物「ストーブパーティ」

ジンギスカンや海産物といった北海道のおいしい食材を揃え、夕張市民が野外バーベキューで映画祭のゲストや観客をおもてなしする映画祭の名物「ストーブパーティ」。
氷点下の凍てつく寒さの中、ストーブを囲んで、市民・ゲスト・観客がみんなで語りあう、そんな心温まるイベント。

・日時:3月17日(土曜日)日没後
・場所:ゆうばり屋台村横
・料金:おこころざしで

(お詫び)
会場を「本町お買い物駐車場」とご案内しておりましたが、「ゆうばり屋台村横」へ変更となりました。
訂正し、お詫び申し上げます。

歓迎セレモニー

映画祭初日のJR夕張駅前で開催される歓迎セレモニー。
ゲストが次々と歓迎のレッドカーペットを歩く中、市民が夕張のシンボルである黄色いハンカチを振って「おかえりなさい!」とお出迎えします。
なかにはユニークな仮装で毎年楽しませてくれる市民も。
ゲストと市民の距離が近い、この映画祭ならではの温かい雰囲気が流れるひとときです。

・日時:3月15日(木曜日)午後
・場所:JR夕張駅前

フォトセッション

映画祭に訪れた監督、出演者、映画関係者などが一堂に会し、記念撮影を行う、恒例イベント。
ゲストの素の表情や意外な一面を垣間見ることができるかも?

・時間:3月18日(日曜日)午後2時から
・場所:合宿の宿ひまわり前

ゆうばりシネマテーク

夕張の歴史にかかわる様々な映像をセレクトし上映する市民企画。

・時間:3月17日(土曜日)午後1時30分、3月18日(日曜日)午前10時
・場所:ゆうばり共生型ファーム(本町5丁目52番地、旧夕張小学校)

身体が温まる!屋台出店

会場となる「合宿の宿ひまわり」の内外では、市民有志による屋台出店もあります。
夕張の寒い冬に身体を温めるホットメニューや、夕張ならではのメニューも。
映画の合間にお楽しみいただけます。

チケット

チケット情報
券種 内容 前売券 当日券
ゆうばりファンタパスポート 「オープニング作品上映」「オープニングパーティ」を除く、期間中の作品上映・イベントに入場可能。 2,500円 3,000円
オープニング券 オープニングセレモニー、オープニング作品「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」 1,500円 1,500円
パーティ券

オープニングパーティ
日程:3月15日(木曜日)
時間:午後8時30分開場、午後9時開演
会場:ゆうばりホテルシューパロ

5,000円 (前売のみ)

チケットの購入方法は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」公式ホームページ(外部サイト)をご参照ください。

開催概要

期間

平成30年3月15日(木曜日)から19日(月曜日)

場所

合宿の宿ひまわり
(夕張市鹿の谷山手町18番地)

主催

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会
NPO法人ゆうばりファンタ

問い合わせ先

NPO法人ゆうばりファンタ
電話:0123-57-7652

ホームページ

[ホームページ]
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭公式ホームページ(外部サイト)
[Twitter]
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭公式Twitter(外部サイト)
[facebook]
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭公式facebook(外部サイト)

アクセス

車をご利用の方

・道東自動車道(夕張IC)→国道274号線→国道452号線→道道38号線→合宿の宿ひまわり
 [札幌から約90分]
・道央自動車道(岩見沢IC)→国道234号線→道道3号線→道道38号線→合宿の宿ひまわり
 [札幌から約80分]
・国道274号線→道道3号線→道道38号線→合宿の宿ひまわり
 [札幌から約100分]
注)専用駐車場をご利用ください。

JRをご利用の方

・札幌駅→(特急スーパーとかち/あおぞら)→新夕張駅(乗換)→夕張駅
 [約90分、乗換時間含まず]
・新千歳空港→(快速エアポート)→南千歳駅(乗換)→夕張駅
 [約110分、乗換時間含まず]

<JRをご利用予定のみなさまへ>

JR石勝線夕張支線(新夕張-夕張間)は、3月上旬の低気圧接近に伴う降雨と気温上昇により線路付近から湧水があり、安全確認等のため運転を見合わせております。詳しい運転状況については、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。JR北海道のホームページ(外部サイト)でご確認ください。

バスをご利用の方

中央バス

・札幌駅前バスターミナル⇔ホテルマウントレースイ(JR夕張駅前)

夕鉄バス

・新さっぽろ駅前⇔ホテルシューパロ(夕鉄本社ターミナルで市内循環線へ乗換)
・ホテルシューパロ→札幌大通(夜間臨時バス)

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の歴史

映画に愛されたマチ夕張

 夕張と映画のつながりは、石炭産業が最盛期であった昭和30年ごろにさかのぼる。当時、市内には映画館が17館あり、東京と同時に新作が封切られるなど、邦画・洋画を問わず、24時間上映され続けていた。地底での命がけの労働で疲れた身体を癒す娯楽が「映画」だったのである。当時、人口比における映画館の数は全国一とも言われた。

ゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭の誕生

 夕張が石炭産業から観光産業へと転換を図るなか、夕張と同じスキーリゾート地であったフランスのアボリアッツ国際映画祭をモデルとした「ゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭」が1990(平成2)年2月に初めて開催された。第1回では、宿泊施設が不足し、寝台列車「北斗星」が急きょ導入されるなど、混乱の中での幕開けであったが、以後、日本でも有数の映画祭へと成長。国内のみならず世界各国からそうそうたるゲストがこの夕張の地を訪れる映画祭となった。

危機、そして世界一の映画祭へ

 2000(平成12)年からは「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」と名を変え、夕張の冬の風物詩としてすっかり定着したが、夕張市が財政再建団体(現・財政再生団体)入りした2007(平成19)年、映画祭は休止に。
 「夕張から映画の灯を消してはならない」と願う市民有志が中心となり、翌2008(平成20)年に復活。この年以降、運営を市民とボランティアですべて行っている、世界的にも類を見ない映画祭となっている。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは産業振興課商工観光係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 3階36番窓口
電話:0123-52-3128  ファックス:0123-52-5302

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る