このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルスに関連した肺炎について

更新日:2020年2月19日

新型コロナウイルスに関連した肺炎に注意しましょう

 令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において新型コロナウイルスに関連した肺炎が発生し、国内でも感染者が増加し、北海道においても感染者が認められ感染拡大が懸念されています。
 風邪や季節性インフルエンザが多い時期であることをふまえ、通常の感染症対策と同様、手洗いや咳エチケットなどの徹底や人混みを避ける、休養をとる等感染症予防に努めてください。
 新型コロナウイルス感染症に関する相談や症状に不安があり医療機関への受診を考えたときには、まず『帰国者・接触者相談センター』である保健所に相談してください。

帰国者・接触者相談センター

岩見沢保健所(夕張市管轄)
(電話番号)0123-20-0122 (受付時間)平日 8時45分~17時30分
北海道保健福祉部健康安全局地域保健課
(電話番号)011-204-5020 (受付時間)平日:17時30分~21時 土日祝:9時~21時

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

〇発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

〇発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録をしておく。

2.帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安

〇以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

〇なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

【妊婦の方へ】
 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

【お子様をお持ちの方へ】
 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いしております。

〇なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い

〇帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控え下さい。

〇医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

外国人実習生受入れ事業主様へ

観光事業者様へ

詳しくは厚生労働省または、北海道ホームページを参照ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは保健福祉課保健係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 2階23番窓口
電話:0123-52-3106  ファックス:0123-52-0638

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る