このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ひとり親家庭等医療給付事業

更新日:2017年3月31日

ひとり親家庭等医療給付事業

【お知らせ】

〇(平成29年8月から)未就学児から中学生までかかる医療費の自己負担がなくなります

〇(平成30年8月から)ひとり親家庭等医療費受給者証の一部が変更になります

・平成30年8月診療分より医療機関の請求方法がレセプト併用化となり、受給者証に記載の市町村番
 号が公費負担者番号に変わります。北海道内の保険医療機関等において診療を受ける場合はこれまで
 どおり、被保険者証に添えて受給者証を窓口へ提出してください。
・受給者のうち、未就学から中学生までの児童は、平成30年7月31日(旧)まで、一度窓口で一部
 負担金を支払い、申請をする「償還給付」でしたが、平成30年8月1日(新)からは医療機関の窓
 口で一部負担金が、かからなくなります。(現物給付)

〇(平成30年8月から)自己負担上限額(月額)が変更になります

・市道民税課税世帯の方(未就学から中学生を除く)の月額上限額が変更となり、
 平成30年7月31まで14,000円、平成30年8月1日から18,000となります。

ひとり親家庭等医療給付事業とは

ひとり親家庭等医療給付事業は、ひとり親家庭等の母又は父及び児童に対し、医療費の一部負担金を助成することにより、保健の向上に寄与するとともに、福祉の増進を図ることを目的としたものです。

対象者及び助成範囲

市内に住所があるひとり親家庭や両親のいない家庭の20歳未満(18歳以上は在学証明書が必要です)の子と、その子を扶養している母又は父。
ただし、受給者の生計を主とする方の所得制限があります。

(1)母又は父

 入院・指定訪問看護にかかった健康保険適用分の医療費

(2)子

 入院・通院・指定訪問看護等にかかった健康保険適用分の医療費

助成内容

(1)未就学児から中学生(満15歳の誕生日後、最初の3月31日まで)

・自己負担額なし(無料)
(注釈)平成30年8月1日より医療機関の請求方法が変更になり、
    保険証と受給者証を提示することにより一部負担金がかからなくなります

(2)上記以外の方

非課税世帯(世帯全員の道市民税)⇒ 初診時一部負担金(医科580円、歯科510円、柔整270円)
                           (※指定訪問看護:1割負担)

課税世帯(世帯全員の道市民税)⇒ 医療費の1割負担
 【医療費等月額上限額】 
 入院+通院:57,600  多数回該当44,400円 
 通院のみ:18,000円  年間上限額144,000円

指定訪問看護を受けた場合⇒ 課税世帯・非課税世帯の方、一律1割負担となります
 【指定訪問看護月額上限額  課税世帯:18,000円 非課税世帯:8,000円】

 (注釈)
・医療費の償還の有効期限は、療養を受けた日の翌月の初日から2年間となりますのでご注意く
 ださい。
・保険適用外や、入院時食事代は助成の対象とはなりません。
・他の公費負担制度(生活保護含む)も対象になっている場合は、そちらが優先になります。
・北海道外の受診については、一度窓口において自己負担分を支払後、領収書持参のうえ給付申請が
 必要となります。
・ひとり親家庭等医療費の助成を受けた診療について、加入している健康保険の高額療養費や付加給
 付金が支給されたとき、または、学校などのケガ等で、日本スポーツ振興センターの災害給付が
 あったときは、その分を返還していただく場合があります。

届出について

次の場合は届出が必要です。
(1)ひとり親家庭等に該当するとき
(2)ひとり親家庭等に該当する方が夕張市に転入してきたとき
(3)市内で転居したとき
(4)氏名が変わったとき
(5)加入している健康保険が変わったとき
(6)ひとり親家庭等でなくなったとき
(7)市外へ転出するとき
(8)受給者証を紛失・破損したとき
(注釈)受給者証の有効期間は、毎年度7月31日です。受給者証は毎年自動更新されます。更新時期に所得審査を行い、該当者には新しい受給者証を送付します。

お問い合わせ

このページは市民課健康保険係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 1階2番窓口
電話:0123-52-3105  ファックス:0123-52-2583

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る