このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

認可保育園

更新日:2018年1月16日

勤務証明書の様式改正について【保護者・企業のみなさま】

 勤務証明書については、保育園への入園時をはじめ、保護者の転職、雇用契約期間の更新時等にご提出いただいているところですが、企業において記載内容の異なる複数自治体の証明書を作成する担当者の負担等が問題視されていることから、全国統一の様式とするために勤務証明書の様式を変更することとなりました。

 また、名称も国の統一様式に示されている「就労証明書」に変更します。

○変更適用日

【在園の場合】平成29年度支給認定現況届から適用します

【平成30年度新入園の場合】平成30年度当初の支給認定申請から適用します

(注釈)就労証明書について、手書きにより使用する場合は「05」を、パソコン入力により使用する場合は「06」をご利用ください。
(注釈)記載例「07」は手書き、パソコン入力の両方を兼ねております。
(注釈)パソコン入力用「06」について、16の「就労者生年月日」以降の欄は夕張市独自仕様となりますので、ご承知おきください。

開設場所

保育園は、保護者が日中お子さんを保育することができない場合にお子さんをお預かりし、保育する施設です。

夕張市には下記の3ヶ所の認可保育園があります。
  新夕張保育園 清陵保育園 沼ノ沢保育園
住所 夕張市末広2丁目4番地 夕張市清水沢清陵町63番地 夕張市沼ノ沢827番地4
電話番号 0123-52-2088 0123-59-7831 0123-57-3164
定員 40名 45名 30名
開所日 月曜日から土曜日(日曜日、祝日、年末年始は閉所となります。)
開所時間 午前7時30分から午後6時30分
設置者 社会福祉法人 夕張保育協会

社会福祉法人夕張保育協会のホームページが開設されました

社会福祉法人夕張保育協会のホームページに遷移します。

入所について

保育園に入所できるのは、生後3ヶ月頃(首が据わってから)から就学前のお子さんで、保護者のいずれもが下記の「保育の必要性の事由」に該当することが要件となります。入所するためには支給認定(2号・3号)を受ける必要があり、該当する事由等によって支給認定の有効期間・保育必要量が認定されます。

保育の必要性の事由

・就労(月48時間以上の就労)
・妊娠・出産
・疾病・障がい
・同居親族の介護・看護
・災害復旧
・求職活動
・虐待、DVの恐れがあること
・就学(職業訓練校等における職業訓練を含む。)
・育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること

支給認定の有効期間について

支給認定の有効期間について
保育の必要性の事由 有効期間
2号認定(満3歳以上) 3号認定(満3歳未満)
就労
(注釈)月48時間以上の就労
小学校就学前まで 満3歳に達する日の前日まで
妊娠・出産 効力発生日から保護者が出産した日を起算日として8週間を経過する日の翌日が属する月の末日までの期間
疾病・障がい 小学校就学前まで 満3歳に達する日の前日まで
同居親族の介護・看護 小学校就学前まで 満3歳に達する日の前日まで
災害復旧 小学校就学前まで 満3歳に達する日の前日まで
求職活動 効力発生日から起算して90日間を経過する日が属する月の末日までの期間
虐待・DVの恐れがあること 小学校就学前まで 満3歳に達する日の前日まで
就学(職業訓練校等における職業訓練を含む。) 効力発生日から保護者の卒業予定日又は修了予定日が属する月の末日までの期間
育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること 育児休業の期間等を勘案して市が認める期間

(注釈1)同居の親族等が子どもを保育することができる場合は、利用の優先度が調整される場合があります。
(注釈2)「効力発生日」とは、支給認定の効力が生じた日をいいます。

保育必要量について
保育の必要性の事由 保育必要量の区分認定 備考
就労 保育標準時間 保育短時間 「保育標準時間」とは、
主にフルタイム就労(1月当たり120時間以上の就労)等を想定した区分であり、1日の利用時間が最大11時間となります。
(午前7時30分から午後6時30分)
「保育短時間」とは、
主にパートタイム就労(1月当たり48時間以上120時間未満の就労)等を想定した区分であり、1日の利用時間が最大8時間となります。
(午前8時から午後4時)
妊娠・出産 保育標準時間
疾病・障がい 保育標準時間
同居親族の介護・看護 保育標準時間 保育短時間
災害復旧 保育標準時間
求職活動 保育短時間
虐待・DVの恐れがあること 保育標準時間
就学(職業訓練校等における職業訓練を含む。) 保育標準時間 保育短時間
育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること 保育短時間

(注釈)保育短時間認定を受けた場合、午前8時から午後4時の8時間を超えての利用は延長保育を利用することとなり、別途、延長保育料が発生します。
(注釈)「同居親族の介護・看護」、「就学」については、家庭の状況に応じて「保育標準時間」又は「保育短時間」のいずれかに区分します。

入所に際し必要な書類

(1)「支給認定申請書(2・3号認定用)兼保育所等利用申込書」
(2)「保育の必要性の事由」を証明する書類(下記をご参照ください。)

入所に際し必要な書類
保育の必要性の事由 事由を証明する書類
就労 就労証明書
妊娠・出産 母子健康手帳の写し(表紙の名前記載部分と出産予定日記載部分)
疾病・障がい 診断書若しくは、各種手帳(身体・療育・精神)の写し(名前、障害程度記載部分)
同居親族の介護・看護 保育所等入所に関する申立書及び介護・看護されている方の状況を証明する書類(診断書、各種手帳や介護受給者証等の写し)
災害復旧 保育所等入所に関する申立書及び罹災証明書の写し
求職活動 求職活動申立書兼誓約書
就学(職業訓練校等における職業訓練を含む。) 保育所等入所に関する申立書及び在学証明書、学生証や時間割表等の写し
育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること 就労証明書(育休期間の記入欄がありますので、雇用主より証明を受けてください。)
その他(虐待・DVなど) 申立書(保育所等入所申込用)及び申立内容により提出を要すると認める書類

申込から入所までの流れ

申込から入所までの流れ
1.夕張市に
・保育の必要性の認定の申請
・保育園入所の申込み
2.夕張市から
・支給認定証を交付
(2号・3号認定)
3.夕張市が
・利用調整
を行う
4.保育園入所

(注釈)入所申込みの際に、保育園でお子さんの状況を確認させていただきます。(お子さんの状況によっては入所申込をお断りさせていただく場合があります。)

届出について

申込時の状況(下記(1)から(4)の事項等)に変更が生じた場合や、支給認定証を紛失された場合は別途手続きが必要となりますので速やかにご連絡ください。
(1)児童や保護者の氏名
(2)居住地・連絡先
(3)支給認定に関すること(認定区分・保育必要量・有効期間)
  (注釈)勤務証明書等、変更後の状況が分かる書類が必要となります。
(4)利用者負担額(保育料)の算定となる税情報等

利用者負担額(保育料について)

・利用者負担額は保護者の市民税所得割額により算定し、4月から8月までは前年度の、9月から翌年3月までは当該年度の市民税所得割額を基に決定いたします。
・納付については、毎月20日頃に保育園から納入袋をお渡しするので、その袋に入れて保育園へ納付してください。
・利用者負担額の収納事務は、「子ども子育て支援法附則第6条第5項」及び「夕張市保育料徴収事務員設置要綱」に基づき、各保育園園長に委託しています。
・利用者負担額は次のとおりです。

支給認定申請の手引き

・支給認定の申請から保育所入所後に必要な手続き等について、次の手引きにまとめております。

保育園の年間行事について

平成29年度 保育園年間行事予定表
行事
4月 入園式
お楽しみ会
5月 こどもの日の集い
6月 春の遠足
レコーディング参加(夕張このまちソング実行委員会)
小運動会
7月 バス遠足
夏まつり
8月 七夕まつり
9月 運動会
十五夜
10月 秋の遠足
11月 お遊戯会
12月 もちつき
クリスマス会
1月 親子レク
新年お楽しみ会
2月 節分
雪中運動会
映画祭開会式花束贈呈(新夕張保育園園児)
3月 ひなまつり
お別れ式
卒園式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは教育課子ども・子育て支援係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 3階32番窓口
電話:0123-52-3168  ファックス:0123-52-0166

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る