このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

マルハニチロ株式会社夕張工場閉鎖発表及び夕張リゾート株式会社廃業等に係る市の対応について

更新日:2022年6月15日

 新型コロナウイルス感染症の収束が見えず、本市を取り巻く経済状況が厳しさを増していた令和2年秋以降、シチズン時計マニュファクチャリング株式会社夕張工場における従業員の希望退職の募集、マルハニチロ株式会社夕張工場の閉鎖や夕張リゾート株式会社の廃業が立て続けに発表されたことを受け、本市では、関係機関と連携しながら、今後の地域の雇用や経済を守るため各種対応を行ってきたところです。
 シチズン時計マニュファクチャリング(株)夕張工場は事業を継続、令和3年12月に、新たな運営会社の下、マウントレースイスキー場及び合宿の宿ひまわりが再開、令和4年6月に、マルハニチロ(株)夕張工場を(株)DADACAが取得し事業開始の準備が行われ始めるなど、厳しい状況に一定の目途がついたところです。
 休止中のホテルの再開、再開した施設や後継企業の事業継続など、課題は残されていますが、引き続き地域経済の活性化に向けて、取り組みを進めてまいります。

株式会社DADACA夕張工場の開設に係る市長メッセージ

 このたび、チョコレートを中心とした菓子の製造販売を行う、株式会社DADACA(ダダカ)様が、令和3年3月末に閉鎖した、マルハニチロ株式会社夕張工場を取得し、夕張の地で事業を開始することとなりました。

 株式会社DADACA様は、主力製品のチョコレート「CACAOCAT(カカオキャット)」をはじめとする、高品質なお菓子を道内工場等で製造し、国内外で販売を行っている企業ですが、製品の増産を図るため、新たに夕張工場を設置し、生産設備が整いしだい、出来るだけ早期に操業を開始する予定と伺っております。

 当初は20名程度の体制で生産を開始し、将来的には100名規模まで拡大する計画をお持ちとのことであり、人口の減少等が続く夕張市にとって、大変喜ばしいものと受け止めております。

 また、夕張の特産品である「夕張メロン」を活用した製品の検討を具体的に進められているなど、地域に根差した事業展開のお考えもお持ちであり、この点につきましても、地域経済の活性化に資するものと、大変期待しております。

 株式会社DADACA様が、ここ夕張の地で、地域を代表する企業の一つとして事業を継続していけるよう、夕張市としましても、市民や地元事業者との連携など、出来る限り支援してまいりたいと考えております。

 ぜひ、株式会社DADACA様には、夕張市の一員として、夕張市の明るい未来に向け、末永く、事業を継続していただきたいと期待しております。


                                  令和4年6月

                                   夕張市長 厚谷 司

「マウントレースイスキー場」及び「合宿の宿ひまわり」の再開に係る市長メッセージ

 夕張リゾート株式会社については、令和2年12月に廃業が発表され、その後、運営する各施設の閉鎖が続いておりましたが、この度、各施設の新たな運営会社である夕張リゾートオペレーション株式会社から、「マウントレースイスキー場」及び「合宿の宿ひまわり」の令和3年12月からの再開が発表されました。

 夕張市としては、「マウントレースイスキー場」などの各施設は、夕張にとって欠かすことのできない地域資源と考えており、廃業の発表以来、施設の保全並びに早期再開、特に「マウントレースイスキー場」については、今シーズンからの再開を、繰り返し強く求めてまいりました。

 一部施設の再開ではありますが、「マウントレースイスキー場」及び「合宿の宿ひまわり」の再開が正式に発表されたことは、夕張市の経済・観光振興だけではなく、子供たちの教育や市民生活にとっても、大変喜ばしいものと受け止めております。

 新たな運営会社には、再開する施設を安心してご利用いただけるよう、今後、長期的に安定した運営を継続していくことを望むとともに、「ホテルマウントレースイ」等、閉鎖されている施設の早期再開を、引き続き求めてまいりたいと考えております。

 夕張市としても、両施設の利用促進等に協力してまいりたいと考えておりますので、是非、皆様には、2年ぶりに再会した「マウントレースイスキー場」で、存分にスキーを楽しんでいただきたいと考えております。

 また、「合宿の宿ひまわり」につきましても、同時期に再開予定となっておりますので、是非、皆様に夕張を訪れていただき、スキーや部活動の合宿を初め、夕張滞在の拠点としてご利用いただきますよう、お願いいたします。

 閉鎖が続いている「ホテルマウントレースイ」等の施設の再開のほか、マルハニチロ(株)夕張工場跡の後継企業の確保など、昨年来続いた大型企業の撤退等については、課題が残されており、皆様にはご心配をおかけしておりますが、夕張市の再生に向け、着実に取り組みを進めてまいりたいと考えておりますので、引き続き、皆様のご理解とお力添えをいただきますよう、お願いいたします。

                                  令和3年11月

                                   夕張市長 厚谷 司

市長メッセージ

 全国唯一の財政再生団体として「財政の再建」と「地域の再生」のための取組を進めている本市におきまして、昨年末にかけ、シチズン時計マニュファクチャリング(株)夕張工場従業員の希望退職募集、マルハニチロ(株)夕張工場の令和3年3月末での工場閉鎖、夕張リゾート(株)の廃業といった出来事が相次ぎました。

 この度の一連の出来事は、市民の生活はもとより夕張再生の道のりをも揺るがしかねない非常に厳しい事態であると受け止めています。

 この事態を踏まえ、雇用や経済など地域への影響を最小限にするために、直ちに市役所内に対策会議を設置し、情報の収集や対応について協議を行うなどしてきておりますが、引き続き関係機関と連携を密にとりながら、事態打開に向けて全力で取り組んでまいる決意であります。

 多くの皆様にご心配をお掛けしているところではありますが、私自ら先頭に立ち、関係者一丸となってこの難局を乗り越えていく覚悟でありますので、ご理解とお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

                                    令和3年1月

                                    夕張市長 厚谷 司

これまでの経過・対応状況

マルハニチロ株式会社夕張工場閉鎖発表及び夕張リゾート株式会社廃業等に係るこれまでの経過及び市の主な対応等については、以下のとおりです。

〇令和4年6月15日

  • (株)DADACAが、旧マルハニチロ(株)夕張工場の取得を発表。

〇令和4年6月6日

  • 対策会議を廃止

〇令和4年3月22日

  • 対策会議を「夕張リゾート(株)・マルハニチロ(株)夕張工場問題対策会議」に改組

〇令和4年3月15日

  • 夕張リゾート(株)の3回目の債権者集会が札幌地方裁判所で開催され、破産手続きが終了。

〇令和3年11月18日

  • 夕張リゾートオペレーション(株)が「マウントレースイスキー場」及び「合宿の宿ひまわり」の再開を記者会見で発表
  • 市長が夕張リゾート一部施設の再開発表を受け、市役所でぶら下がり会見を実施

〇令和3年9月9日

  • 夕張リゾート(株)の2回目の債権者集会が札幌地方裁判所で開催される

〇令和3年7月26日から8月3日

〇令和3年6月18日

  • 夕張リゾートホールディング(株)ライ代表取締役に、市長名の要望書を提出

〇令和3年5月27日

  • 夕張リゾート関係者に対し、施設の保全と早期再開を要請
  • 夕張リゾート(株)の債権者集会が札幌地方裁判所で開催される

〇令和3年3月31日

  • マルハニチロ(株)夕張工場閉鎖

〇令和3年2月25日

  • ゆうばり文化スポーツセンターにて、夕張市合同企業説明会を開催

  夕張市合同企業説明会の開催について

〇令和3年2月4日から12日

〇令和3年2月1日

  • 夕張リゾート(株)が札幌地方裁判所から破産開始決定を受ける

〇令和3年1月22日

  • 北海道庁にて、市長から北海道知事に対して一連の状況に対する支援を要請
  • 夕張市役所にて、夕張地域雇用対策会議(事務局:千歳公共職業安定所)を開催

〇令和3年1月12日

  • ハローワークと連携して夕張リゾート従業員に対して、離職時に必要な市役所での手続きガイドを配布、周知

〇令和3年1月8日

  • ハローワークと連携してシチズン離職者向け説明会を開催し、離職時に必要な市役所での手続きガイドを配布、周知

〇令和3年1月4日

  • 市内飲食店等3団体からのスキー場の早期開業(マルハニチロ夕張工場閉鎖問題への対応等含む)を求める陳情に市長が対応

〇令和2年12月30日

  • 対策会議を「夕張リゾート(株)・マルハニチロ(株)夕張工場・シチズン時計マニュファクチャリング(株)夕張工場問題対策会議」に改組
  • 夕張リゾート株式会社ライ代表取締役に市長名の要望書を送付
  • 夕張リゾート廃業発表に対する市の方針等について、市長が記者会見で説明
  • 商工会議所と連携し、夕張市内の雇用情勢変化に伴う雇用意向アンケート調査を開始

〇令和2年12月25日

  • 前日(24日)発出した市長メッセージについて、市長が記者会見で説明

〇令和2年12月24日

  • 夕張リゾート株式会社から市長宛て廃業通知文書を受理
  • 廃業通知文書を受け、市長名でメッセージを発信

〇令和2年12月15日

  • 庁内に「マルハニチロ株式会社夕張工場閉鎖問題対策会議」を設置
  • 夕張リゾート株式会社総支配人から市長に対し同社の運営を当面の間休業する旨報告、同時に休業通知文書を受理

〇令和2年12月14日

  • 市長、市議会議長、商工会議所会頭の3者により、マルハニチロ(株)本社を訪問し、夕張工場閉鎖の再考について要請

〇令和2年12月1日  

  • マルハニチロ(株)本社がニュースリリース「冷凍食品における国内生産拠点の再編について」により夕張工場閉鎖を発表

地域経済活性化に向けた取組

 引き続き関係機関と連携し、情報収集に努めるとともに、離職者に対する支援や地元経済の活性化に向けた取り組みを進めてまいります。
 また、閉鎖された施設の早期再開、市内事業者の持続的な経営が図られるよう取り組んでまいります。

支援策

市内で新規創業、市内の事業者で事業拡大を行う方に対して、初期投資等の費用の一部を補助します。

安定した就労支援のため、市内に住所を有する方が、市が指定する資格を取得する際に係る費用の一部を補助します。

【注目情報】

*ふるさと納税で夕張市に力をお貸しください!

 全国唯一の財政再生団体である夕張市では、皆さまからのふるさと納税を力に変えて夕張再生に向けて全力で取り組んでいます。

  ぜひ、皆さまからの温かいご支援をお願いします。

関係機関情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは地域振興課商工観光係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 4階40番窓口
電話:0123-52-3128  ファックス:0123-52-1054

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る