このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症の予防対策について【令和4年8月】

更新日:2022年8月10日

オミクロン株の感染拡大への対策について

 全国各地でオミクロン株による新型コロナ感染症が急拡大し、北海道の新規感染者数は過去最多を更新する状況にあります。市内においても、令和4年7月以降、新規感染者がこれまでとは異なるペースで多数確認されています。特に、時節柄、普段会わない家族や知人とマスクをはずしての飲食や会話により飛沫感染がおこり、家庭内に感染が拡がる傾向があります。
 改めて、3密の回避、マスクの着用、換気の徹底など、警戒感を高めて感染防止対策を徹底し、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患の方へ感染させないよう注意をお願いします。
 陽性が確認された方と、適切にマスクを着けず、1メートル以内で、15分以上対面で会話した場合、感染リスクが高くなりますので目安としてください。
 また、いつ誰が感染するかがわからない状況となっていますので、陽性と判断された場合の備えについても考えておきましょう。

陽性者となった場合の療養への備え (令和4年広報ゆうばり6月号より)

広報ゆうばり6月号
令和4年 広報ゆうばり6月号より

北海道のPCR等検査無料化事業について

北海道が実施主体となって、症状がない方を対象に実施する事業です。症状がなく、感染に不安のある方は活用してください。
症状のある方は、かかりつけ医療機関または北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター(電話0120-501-507≫24時間フリーダイヤル)にまずは電話で相談をしてください。

発熱などの症状があるときには

ご自身や身近な人が新型コロナに感染した時の対応について

 陽性者本人には、管轄の保健所から連絡があり、療養についての指示があります。また、同居家族の方の濃厚接触者の特定も保健所が行います。
 基本的な考え方や対応など、詳細については下記を参考としてください。

北海道感染症対策課 新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室からの情報

新型コロナウイルス感染症の予防を徹底しましょう


正しいマスクのつけ方

人との接触を8割減らす、10のポイント

 新型コロナウイルス感染症専門家会議から、「人との接触を8割減らす、10のポイント」が示されました。

詳しくは、以下ホームページを参照ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは保健福祉課保健係が担当しています。
住所:夕張市本町4丁目2番地 2階23番窓口
電話:0123-52-3106  ファックス:0123-52-0638

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

夕張市役所

〒068-0492 北海道夕張市本町4丁目2番地
電話:0123-52-3131(代表) ファックス:0123-52-1054
Copyright © Yubari City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る